LINEで送る
Pocket

07/JUL/2015 from Batumi to Mestia

バトゥミでのイランビザの取得を諦め、次に向かうのはメスティアというジョージアの田舎町。

まずはホステルからマルシュルートカ(乗り合いバン)に乗って長距離マルシュルートカ乗り場へ。
P7070339

それからズグディディという街行きのマルシュルートカに乗ります。
一人12ラリ(約650円)。ズグディディには3時間で到着しました。
P7070340

そして、ズグディディからさらに3時間かけてメスティアへ向かいます。
7人乗りのマルシュルートカは満席です。

って、…ん?
よく見たらだいごろの席…背もたれがない!
P7070342

それだけじゃない!だいごろの足元に変なおじさんがいる!!
P7070344

おじさん、だいごろの膝を肘置きに…。
P7070358

何たる急接近っぷり!
だいごろは心を無にして瞑想モードに入る。かわいそうに…。
 

道には豚、牛、馬など、動物がたくさん。
この感じ好きだな。
P7090561

休憩をする度にだいごろはぐったり。
P7070350

だってこの席だもんな。
P7070353

それだけじゃなく、おじさんとべったりだもんな。
P7070358
 


途中立ち寄った休憩場で食べたのは、ジョージアを代表する料理。

「カチャプリ」という名のチーズ入りパン。4ラリ(約220円)
P7070379

「ハルチョー」という名の牛肉と米のスープ。5ラリ(約270円)
どっちも美味しい!ごはんが美味しい国はいい国です。ジョージア好き。
P7070386

隣のテーブルではドライバーが率先して酒盛り。
私たちにも飲めや飲めやとすすめてきます。

ドライバーはウォッカ飲み過ぎて顔が真っ赤っか。
飲酒運転…心配になるよ…。
 

レストランの外では鶏と猫が鬼ごっこ。
P7070364

猫好きのだいごろの束の間の癒しタイムです。
P7070374
 

休憩の後もだいごろとおじさんとの距離感は変わらない。
というか、おじさんの陣地が広がったみたい。
だいごろも大変だけど、実はおじさんの方がよっぽど大変。すごいわ…。
P7070415

メスティアに近づくと絶景が広がってきました。期待が膨らみます。
P7070421


そして、3時間に及ぶ修行の末、メスティアに到着。

メスティアまでの運賃は一人20ラリ(約1100円)だったのだけれど…
だいごろの努力を讃えて負けてほしいと訴えてみた。そしたら5ラリ負けてくれた。
だいごろ、ちょっとは報われた?
P7070454

メスティアの街の中心にある広場では牛が闊歩。なんだか癒されます。
P7070461
 


さて、ここからはジョージア名物の民泊に挑戦です!
朝・夕食事つきのホームステイ。

メスティアで有名なのは、「ナジの家」。
なんでも、「ナジ、ナジ」と聞いて回れば誰かが連れて行ってくれるんだとか。

うーん、ほんとかな?

広場の近くで「ナジ、ナジ」と言ってみた。
でもあんまり知ってる人がいないみたい。

10人目ぐらいで、こっち、って指差してくれた人がいたので、とりあえず指差された方向に向かってみます。
 

さらに、ある程度歩いてから「ナジ、ナジ」と言ってみる。
4人目ぐらいで、また方向を指差してくれる人がいました。

ちょっと近づいてきたみたい。

そして、次に「ナジ」と言うと、一人の若者が知っているようで一緒に行ってくれました。でも意外とそこから遠い。
こんなに案内してもらって悪いなぁ。

と、思っていたけど、実はこの青年はナジの親戚。
この日の夜、彼もナジの家に泊まっていました。
P7080464

「ここだよ」と教えてもらった家の前には野ブタがいました。
いや、たぶん飼いブタだけど、自由に歩きすぎてて誰のブタなのか分からない。笑
P7080471

※ナジの家の行き方※
だいぶ分かりにくい場所にあります。
中央広場から”Tamar Mepe St”を300mぐらい北東に進んだ辺りで人に聞いてみるといいと思います。

 


家に入ると…案内してくれたのはナジの娘のアナ。
部屋にはちゃんと宿泊客用のベッドが並んでいました。
ナジの家の宿泊は一泊2食付きで一人30ラリ(約1600円)。
P7080472

そしてリビングに行ってみると…子供!!!
かわいい!
P7080475

あかちゃんをだっこさせてもらいました!やったね!
でもあかちゃんの顔がめっちゃ強ばってる!笑
P7080478

子供たちはだいごろが作った折り紙のカエルで遊んでくれました。
P7080483

しばらく子供たちと遊んでいたら、ご飯が食べたくなってきた。
おなか減ったーと言うと、アナがごはんを手際良く作ってくれました。
アナはまだ16歳ぐらいだけど料理上手!
P7080492

あー、民泊楽しい!
 


そして夜。

「中央広場でイベントがあるから出かける?」とアナ。
一緒にお出かけです。

街の広場に向かう途中でアナが立ち寄ったお店を切り盛りしていたのは、…ナジ!
真ん中のカウンターにいる女性が噂のナジでした。
ナジはお店も持ってたんですね。宿もやってお店もやって、忙しい。
P7080505

広場にはたくさん人がいました。
P7080510

ステージには歌手が登場して会場は大盛り上がり。
P7080509

何のイベントかと思ったら、これ。
“European Youth Olympic Festival” だって。
開催地はジョージアの首都トビリシだけど、国を挙げて盛り上げているみたいです。
P7080547

みんな楽しそうです。
P7080534

おやすみ。
P7080513

しばらくイベントを楽しんだ後にナジの家に帰ったら、親戚の人たちが来ていて地元のFacebookページに私たちの写真がアップロードされていると教えてくれました。
そう言えばさっき誰かに写真撮られたな。笑
P7090347

そんな感じで始まったナジの家での民泊。
楽しくなりそうです!



Facebookで最新の更新情報をお届けしています。
「いいね!」ボタンを押してフォローしてね◎
The following two tabs change content below.