LINEで送る
Pocket

02〜07/NOV/2014 in Marangu

セレンゲティとンゴロンゴロクレーターのサファリを終えた私たちは、マラングという村へ向かいます。

マラングはキリマンジャロ登山のスタート地点となる場所。

これからの数日間、その村にあるジャスパー(ツアー会社のオーナー)の家に滞在します。

滞在の目的はもちろんキリマンジャロ登山!

タンザニアに入ってからきっこの咳がひどかったのでジャスパーに相談した所、「俺の家に好きなだけ泊まっていいよ。マラングは空気も良いし、2、3日でよくなるよ。」というありがたい提案。

しかも宿泊料は全て無料にしてくれるそうなので、何の気兼ねもなくキリマンジャロ登山へ向けて準備ができそうです◎
 

キリマンジャロ登山のツアー情報はこちらから。
 


セレンゲティからモシの街に一旦寄ってからマラング村へ向かいます。

途中にマチャメという村を通過したのですが、ここもキリマンジャロへの登山口の一つ。
たくさんのビニールハウスがあったので運転手に聞いてみると、ここでタンザニアの野菜の3/4が生産されているそうです。すごい!
 

モシの街からは1時間ぐらいでジャスパーの家に到着。

家の敷地内にはお客さんが泊まれる宿泊施設があって、私たちはそこに滞在させてもらいます。
PB025546

部屋は広くて、ベッド3つにシャワーとトイレ付きで超快適。
PB025545

ジャスパーの言ってた通り空気もきれいなのできっこも大喜びです。笑
PB025548
 

マラング滞在1日目

ジャスパーの家には犬がたくさん。

今日はサファリの疲れもあったので家でのんびりします。
PB035621

料理を作ってくれるのは主にお手伝いさんのロリー二。
ジャスパーの奥さんがいる時は奥さんが作ってくれます。
PB035631

ガスがなくなると火をおこして料理。
僕たちも何度か薪の火で自炊をしましたがなかなか難しかったです。
PB025609

ロリー二が作ってくれるご飯はこんな感じ。
野菜と肉を煮込んだものと、ライス、フライドポテト、茹で野菜。
リクエストすればパスタも作ってくれます。
私たち以外のお客さんが登山前日に食べる料理と同じなので、出される料理はどれもボリュームたっぷりです。
PB035681

夕方には宿の近くにあるホテルに行ってブログを書きました。
ここのWi-Fiはかなり不安定で、結局使えたのはこの日だけでした。
PB025593
 

マラング滞在2日目

今日は登山に使う装備をレンタルしにマラングゲートに行きました。

マラングゲートはキリマンジャロ登山の出発地点。
数日後に僕たちもここから登るのかと思うとちょっと緊張してきます。

レンタルショップは小さいけど十分な品揃え。
登山靴からニット帽まで好きな物を自分で選ぶ事ができます。
古い物が多いけど必要な物は全て揃いました。
PB035686

私たちは登山靴はおろか防寒用のインナーすら持っていなかったので、ほぼ全ての装備がレンタル品。
PB045701

宿に戻って全部の装備をつけてみると見た目が想像を遥かに超えるダサさ(笑)で二人ともヘコみましたが、
通常は前日にレンタルする所を数日前から借りて登山開始まで毎日練習されてもらうので文句は言えません。
PB045709

その後、家の敷地内を歩いて装備の使い心地を確認していると、小屋の中に子犬がいるのを見つけました。
まだ小さいから小屋に入れていたそうですが、ロリー二に子犬が出たがっている事を伝えると外に出してくれました。
PB035630

賑やかな犬たちに囲まれて幸せです。笑
PB035658
 

マラング滞在3日目

今日は雨。

昨日の夜からずっと降っています。

それにきっこの咳がなかなか良くならない。

本当なら明日から登山を開始する予定でしたが、ジャスパーにお願いしてもう一日延ばしてもらう事に。
 

そして村にある小さな病院へ行って、飲み薬と咳止めのシロップをもらいました。
PB035694

昼ご飯は村にあった食堂で。
バナナと肉の煮物と煮豆とキャッサバの葉っぱ。
PB035690

宿に戻ると”まささん”という日本人が隣の部屋に来ていました。
明日からマチャメルートでキリマンジャロ山頂を目指すそうです。

まささんとはこの後ザンジバルで再会し、いろいろとお世話になる事になります。
 

マラング滞在4日目

今日も雨。

山の方を見てみると、キリマンジャロは目の前にあるはずなのにずっと雲に覆われています。

マラングに来てからまだ一度もその姿を拝む事が出来ていません。

そして昨日から大分咳がおさまっていたきっこですが、お昼頃に熱を出してしまいました。
まさかの39.0度。

再び病院に行って血液検査です。

ほんとにこんな体調で登れるのかなぁ。
PB041746

この日、夜遅くに仕事から帰ってきたジャスパーにお願いして、あと2日だけ様子を見させてもらう事になりました。

これまで既に4泊もしていますが、追加の宿泊費はいらないと言ってくれました。
 

マラング滞在5日目

今日もきっこの回復待ち。

暇だったので二人で村の市場に行ってみると野菜が格安で売られていました。
PB035699
PB035700

ジャガイモと人参とタマネギが大量に手に入ったので、スーダンのカッサラで出会った”ゆうき”にもらって大事にしていたバーモントカレーをここで使う事にしました。
PB045717

久々の日本の味は美味しかったなぁ。
これできっこが元気になってくれれば良いけど。
PB041743

病院から帰るときっこの熱はすぐに下がり調子は良好。

寝る前にはロリーニがジンジャーティーを「これ咳に効くから。」と部屋まで持って来てくれました。
ありがとう。
PB035682
 

マラング滞在6日目

きっこの体調がようやく安定してきた。

天気も良かったので登山靴とストックの練習がてら近くの山へ登ってみました。
PB051753

山道にはバナナを運ぶ女の人。
PB075734

昼間っからバナナビールで飲んだくれる男たち。
PB065726

そして1時間ぐらいかけて登ると、マラングに来てから初めてキリマンジャロの全景が見えました!!
雪を抱いて輝く峰がくっきりと!!
PB075740

体調も回復し、やる気十分のきっこ。
PB075743

天気も良いしこれはキリマンジャロが呼んでいるに違いない!(笑)

山を下りて家に戻るとジャスパーが帰って来ていたので、明日登りたい事を伝えてみました。

すると、ジャスパーの予定では明後日に登る別の4人グループに組み込むつもりだったらしく、ジャスパーの奥さんも明後日にしてくれないと余分な経費がかかると言っています。

でも、ただでさえ体調の悪かったきっこにとって天気はすごく大事。
二人に何とか頼み込んで明日出発にしてもらう事ができました。
しかも嬉しい事に、急遽登る事になったので僕たち二人だけのグループになるそうです。
小さいグループの方がガイドの目が行き届くのできっこの体調に合わせて登る事ができそう。
 

という事で、明日の出発が決まりました。

僕たちの目指すキリマンジャロの山頂は標高5895メートル。

僕は高校時代に登山をしていたのですが4000メートルを超える山に登るのなんて初めて。

きっこに至っては登山自体の経験がほとんどありません。
しかも病み上がり。

僕たちにとって大きなチャレンジとなる今回のキリマンジャロ登山。

一体どうなるんだろう??

全く想像がつかないのでかなりドキドキですが、いよいよ明日からキリマンジャロ登山開始です!!



最後に「今日も読んだよ!」のワンクリックよろしくお願いします!!
↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
「せかぽろ」の順位が上がるとだいごろときっこが喜びますので
1日1クリックの応援よろしくお願いします。
ランキングのサイトが表示されれば完了です。

Facebookで最新の更新情報をお届けしています。
「いいね!」ボタンを押してフォローしてね◎