LINEで送る
Pocket

15/JAN/2015 from Perito Moreno to Puerto Rio Tranquilo

ペリトモレノで手の洞窟を満喫した後は、チリのアウストラル街道へ向けてヒッチハイク開始。

アウストラル街道はチャリダーの聖地とも言われていて、のどかな街々の間にパタゴニアの絶景が広がるところ。

考えただけでもワクワクしてきます。
 

キャンプサイトからペリトモレノの街の外れまで歩いてからヒッチハイク始めると、だんだん風が強くなってきました。

でもこの前の地獄のヒッチハイクに比べればずいぶん楽に感じます。

風も暖かいし凍える事はなさそう◎
P1162577
 

でもやっぱり車通りは少ないので、なかなか乗せてくれる車が見つかりません。

たまーに車の代わりにパカパカやって来るのは馬に乗って放牧をする人。

かっこいい!

席空いてるし乗せてくれないかな?笑
P1162178
(アルゼンチンやチリは馬に乗っている人が多くて、その多くはガウチョと呼ばれる牧場主です)
 


 

そしてヒッチハイクを始めてから3時間。

アルゼンチンの国境の街ロスアンティグオスに向かう車が止まってくれました。

乗せてくれたのはビクトールという男性で、普段はトラックのドライバーをしているそうです。
P1162182

今日はペリトモレノにトラックを置いて、自家用車で自分の家があるロスアンティグオスに帰るみたい。

アルゼンチンとチリの国境がそのロスアンティグオスの先にあるので、そこまで乗せて行ってくれるそうです。
 

ペリトモレノから国境まではほどんど距離がないので、あっという間にアルゼンチン側のイミグレに到着。

ビクトールはわざわざ自分の家を通り越してイミグレの入口まで乗せて行ってくれました。

”どうもありがとう!”
 


 

アルゼンチンのイミグレでささっと出国手続きを済またら、今度はチリ側に向かう人を探します。

税関検査のためにここを通る車は必ず停車するので、席が空いていそうな車に順番に声をかけて回ります。
P1162194

すると30分ぐらいした所でチリ人親子が乗せてくれる事になりました。

乗せてくれたのはチレチコの少し先に住んでいる家族。

みんなすごく明るくて私たちに興味津々です。
P1162203

家族の車に乗せてもらって5人一緒にチリに入国!
P1162198

乗っていたのが15分ぐらいだったのであまりたくさん話すことはできませんでしたが、「日本人の友達が初めて出来た!」といってすごく喜んでいました。
 

チレチコに到着すると、港で車を降ろしてもらいました。

家族はしばらく港で海を眺めてゆっくりするみたい。

”乗せてくれてどうもありがとう。”
 


 

チレチコは湖のほとりにある小さな街。

ヒッチハイクの時に教えてもらったんだけど、この湖はアルゼンチンとチリにまたがっていて南米で2番目に大きい湖だそうです。

ちなみに一番大きいのはペルーとボリビアにあるチチカカ湖。
P1162227
 

そんなチレチコの街についたらさっそくヒッチハイク再会!

もう夕暮れ時が近いけど、ここから次の目的地のプエルト・リオ・トランキーロまでは車が少なくてヒッチが成功する可能性が低いらしいので、少しだけでも頑張ります。
 

それから街の出口で3時間ぐらい親指を立て続けたけど、車がほとんど来なくてギブアップ。

3時間で走ってきたのは2台ぐらい。

こんなのでほんとに明日のヒッチ成功するのかな…。
 

日が沈んで静かになった街を歩いて今日の宿を探します。

街中にはキャンプサイトもいくつかありましたが、キッチンがなくて今イチ。

途中で出会ったイスラエル人に宿を教えてもらって、一人7000ペソ(1400円ぐらい。高い…。)の宿に泊まる事にしました。

外からみたら全然宿に見えないけど、中はちゃんときれいなしっかりしたホステルでした。
P1162220

宿泊客は全員イスラエル人だし宿の中もヘブライ語だらけの完全なイスラエル人宿でしたが、みんなフレンドリーで快適。

それに猫がたくさんいて可愛い!!
P1162215

今日は疲れていたのでご飯を食べてすぐに寝る事にしました。
 


 

そして次の日の朝。

朝6時に起きて今日もヒッチハイク。

昨日の車通りの少なさを見て早起きして、仕事で街の外へ出て行く車を狙います。
P1162589
 

しかし1時間経っても車は1台も来ません。

するとだいごろが ”ちょっと景色を見たいから” と言って、ヒッチハイクしていた後ろの山にある展望台に行ってしまいました。
 

そしてしばらくすると、だいごろは知らないおじさんと一緒に戻ってきました。

彼の名前はマウリシオ。

サンティアゴに住んでいて、休暇でここまで車で来ているそうです。
P1162235

可愛い愛犬も一緒。名前はチチ。

チチの散歩をしている途中でだいごろとばったり出会ったそうです。
P1162233
 

彼にここで昨日からヒッチハイクをしているという話をすると、ここでヒッチするのは難しいからトランキーロまではバスに乗った方が良いよと教えてくれました。

確かに考えてみると、昨日を合わせるともう5時間ぐらいここでヒッチハイクしているけど通った車は4台ぐらい…。

たった100キロぐらいの距離だけど、これはバスにした方が賢明かもしれないな。
 

「サンティアゴに住んでるから、サンティアゴに来ることがあれば言ってね。二人とも一緒に泊めてあげるよ!」

そんなお言葉に甘えてマウリシオにはとってもお世話になる事になるのですが、それはまたずーっと先のお話。

マウリシオは本当に優しくて、こんな立派なアウストラル街道の地図までくれました。

”ありがとう!”
P1162593
 


 

マウリシオと別れた後は、彼の助言にしたがってバスに乗る事にしました。

バスと言ってもこんな乗り合いワゴン。

週に2便しかないそうですが、ラッキーな事に今日11時のバスがありました。
P1162239

ここからプエルトリオトランキーロまで4時間半ぐらい。

ずっとオフロードのぼこぼこ道でしたが、道の両側にはパタゴニアの山並みと湖がずっと見える絶景ドライブ!
P1162249

P1172286
P1172353

同じバスには日本人旅人のかりなちゃんもいて、久しぶりに日本語でいっぱい話せて楽しかった!
P1172316
P1172258

ちなみに道の途中の本当に何もない所に一人のヒッチハイカーを見かけました。

昨日僕たちと同じ所でヒッチしていたので、誰かに拾ってもらってあそこで降ろされたみたい。

でもあの道は車が一日に数台しか通らないから、例えテントを持ってても数日で食料が尽きて大変な事になりそう…。

もし自分たちだったらと思うとゾッとしました…。笑
 


 

バスは昼過ぎにプエルト・リオ・トランキーロに到着。

湖の近くにキャンプサイトがあったので、そこにテントを張ってのんびりします。
P1172394

日が傾いて涼しくなってきたら街を散歩したり、湖のほとりで夕陽を眺めたり。
P1172368

今日はアルゼンチンからチリに入国し、無事アウストラル街道まで来る事ができました。

それにマウリシオ&チチとの大切な出会いもありました。

そんなトランキーロの街には2日間だけの滞在。

明日の朝は、絶景スポットと噂のマーブルカテドラルに行ってみます!


今日も最後まで読んで頂きありがとうございます!
「今日も読んだよ!」のワンクリックよろしくお願いします!!
↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

【今日のヒッチハイク】
ヒッチハイク地図.001

【ヒッチハイク旅 記事一覧】
ヒッチハイクバナー4



最後に「今日も読んだよ!」のワンクリックよろしくお願いします!!
↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
「せかぽろ」の順位が上がるとだいごろときっこが喜びますので
1日1クリックの応援よろしくお願いします。
ランキングのサイトが表示されれば完了です。

Facebookで最新の更新情報をお届けしています。
「いいね!」ボタンを押してフォローしてね◎