LINEで送る
Pocket

01/SEP/2014 in Kassala

思いのほか長かったスーダン滞在を終え、明日はいよいよ次なる国エチオピアへと移動を開始します。
 

エチオピア。

スーダンに引き続き僕たちにとってほとんど未知の国。

エチオピアと言われてもマラソンとコーヒーぐらいしかイメージがなかったので、先人たちのブログやガイドブックでエチオピアについて少し調べてみました。

見所がたくさんある国なので楽しみにしているのですが、ネットで情報収集していたら恐ろしい情報ばかりがわんさか出て来たのでビビリ気味です。。笑
 

と言う事で、ひとまずエチオピアを旅する上で注意しておいた方が良さそうな情報まとめです。
 

注:下記の情報は私たちがスーダンからエチオピアへの南下時点で調べた際に、インターネット上で過去一年以内に公開されていた情報から注意すべき点をまとめたものです。
あくまでもエチオピアは素晴らしい国ですので、この先の投稿をお楽しみに。

 

GDPがわずか$97の最貧国

エチオピアはアフリカ大陸にありながら一度も完全に植民地化された事がなく、アフリカの中でも異質な国だそうです。主な産業は農業で、日本でも知られているようにコーヒーなどを輸出していますが、一人当たりのGDPが2013年時点でわずか517USドル足らず。世界で下から9番目という貧しい国です。(ちなみに日本の一人当たりGDPは38467USドル。)

入国後に地元のエチオピア人に教えてもらった話ですが、エチオピア人のおよその月収は1800ブル(約9000円)。そしてパソコンは安くて16000ブル(約80000円)。
つまりエチオピアの庶民がパソコンを買うためには、数年は働き詰めで貯金生活をする事になります。
なので、エチオピアの家庭ではパソコンはもちろんインターネットすらほとんど普及していないそうです。

これはただでさえ遅れているブログの更新が、さらに滞りそうな予感がしますね。笑
P9031991

 

人が世界一ウザい?

これは初めて聞いたのですが、エチオピアは客引きや自称ガイドたちが相当しつこいらしく、旅人の間で世界一ウザい国と言われているそうです。

ウザい国といえば、世界三大ウザい国のインド、エジプト、モロッコだと思っていたのですが、エチオピアはそれをはるかに凌ぐそうです。

僕たちはエジプトですらかなりイライラさせられたので、この情報を見て行く前から憂鬱になっています。。
LOCAL-MARKET-SCENE
 

宿は基本的に虫の巣窟

エチオピアは宿がかなり汚いらしく、高級ホテルですらダニや南京虫が発生したりするそうです。
なので僕たちが泊まるような安宿にはダニや南京虫がいるのは当たり前で、たくさんの被害報告がありました。
 

南京虫といえば、夜に寝ている人間の体の上を這いずり回りながら血をすすり、全身数十箇所に激しいかゆみをもたらし、刺された旅人は痒さのあまり動く気力を根こそぎ奪われてしまうという世にも恐ろしい生き物。

二人ともまだ被害にあった事はありませんが、これまでの旅で何度かニアミスをしています。

そんな南京虫が当たり前のように生息するエチオピアの宿。
宿に泊まるのを辞めるわけには行かないので、毎日が辛い辛い戦いになりそうです。

きっこは行く前からかなりテンションが下がってしまっていて、僕も虫刺されには強い方ですが一体どうなるのか想像もつきません。。。
bed-bugs-on-a-mattress1
 

過酷なバス移動

旅にとって欠かせない要素、移動。

エチオピアでの移動手段はバスがメインになりますが、そのバスに色々と問題がある事がわかりました。

まずバスはもちろんボロボロでシートも硬く、エアコンは当然なし。

道は舗装されていないところが多く、ガタガタを通り越してバスが跳ねまくるらしい。
お尻が痛くて涙が出るのはもちろん、天井に頭を打ったりもするそうです。

しかも前述の南京虫がバスの中にも当たり前のように住んでいて、ダニも大量にいるのだとか。。

さらに、エチオピアでは夜間にバスを走らせるのが禁止されているそうで、ほとんど全ての長距離バスは朝4時とか5時にバスターミナルへ行かないと乗れないそうです。
長距離移動の時は連日に渡り早朝からの移動になるのでかなり過酷だとか。

さらにさらに、バスの座席は早い者勝ちで、まだ夜も明けていない早朝からウザいと評判のエチオピア人たちと押し合いへし合いしながら戦わなくてはならないそうです。

そしてバスの値段は適正価格の数倍をふっかけられるので、せっかく座席が確保できてもまともな値段で乗る為にひたすら交渉しないといけないらしいです。。

ああ、もう考えただけでも恐くなってきますね。
バス、、乗れるかな?笑

かなり不安です。。
DSCN4149
 

国民食がゲロ雑巾

最後は食事の話です。

調べてみるまでエチオピア料理なんて全然知らなかったのですが、なんでも主食がインジェラという謎の食べ物らしいのです。
インジェラが何から出来ているのかまでは調べていませんが、クレープ状の食べ物で酸味がかなり強く、旅人の間では「見た目は雑巾、味はゲロ」というショッキングなキャッチフレーズで呼ばれているとの事。

それにしても「見た目は雑巾、味はゲロ」って、、、
そんなもの自分に食べられるかな。。

しかも毎日三食インジェラが出てくるらしいので、もし口に合わなかったらアウトですよね。

というか、ゲロ雑巾なんて食べられる自信が全くありません。。
d0085634_181407
 

調べれば調べるほど恐ろしい話ばかり出てくるエチオピア。

この前情報を見る限り、旅の続行すら危うい感じがしてきます。。

”もしダメだったらナイロビまで飛んでしまおう。”

そう二人で約束してから、ようやく思い腰をあげてカッサラの快適な家を後にしたのでした。
 

▶次回:ついにエチオピア入国!カッサラからゴンダールへ。



最後に「今日も読んだよ!」のワンクリックよろしくお願いします!!
↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
「せかぽろ」の順位が上がるとだいごろときっこが喜びますので
1日1クリックの応援よろしくお願いします。
ランキングのサイトが表示されれば完了です。

Facebookで最新の更新情報をお届けしています。
「いいね!」ボタンを押してフォローしてね◎