LINEで送る
Pocket

19/AUG/2015 in Karakol

*全6話でお届けする子犬と僕たちの大冒険のお話。想像もつかないような展開が待っているので、ぜひ最後まで読んでみてください◎
 

今日はキルギスの山奥でトレッキングをする初日。

前日は夜2時までヌルディンさんや宿泊客と話したり、ブログを書いていたのでちょっと寝坊。
 

朝10時前に宿を出て、101番のマルシュルートカ(ミニバス)に乗って出掛けます。

でも、道路工事のせいで101番のマルシュルートカがいつもと違うルートを走っていたので見つけるのが大変だった…。

マルシュルートカを探してうろうろしていると近所の子供が写真撮ってー、と絡んできました。
P8192491

30分ぐらいマルシュルートカを探し回ってようやく乗車。
トレッキングのスタート地点となるチェックポイントを目指します。
 

私たちが今回歩くのは、カラコルの街から歩いた山奥にあるアラコル湖に向けたトレッキングルート。

カラコルの街からスタートして、初日はキャンプサイト泊。二日目にアラコル湖を超えてアルティンアラシャン村泊。三日目にトレッキングとマルシュルートカでカラコルの村に戻ってくるルートです。

南旅館の情報ノートにも書いてあるルートですが、これから行かれる方は参考にしてみて下さい。
IMG_3491
 

アラコル湖へ向けて出発!

なんやかんやでチェックポイントに着いたら11時前。
寝坊しちゃったから仕方ないとはいえ、今日の目的地までちゃんと辿り着けるかちょっと心配です。

チェックポイントではトレッキングルートへの入場料250ソムを支払います。
P8192498
 

チェックポイントからは美しい川沿いの、のどかな田舎道を歩きます。
P8192509

小さい集落を抜け。
P8192507

この先は山奥のベースキャンプに向けて6時間ぐらいのトレッキング。
天気もいいし平坦な道なので楽チンです。
P8192516
 

それにしても綺麗な景色!
青々とした草原と雄大な山々に見とれてしまいます。
P8192513

ん?なんか山肌につぶつぶしたものがある、と思ってよく見てみると…
P8192521

よく見ると黒いつぶつぶは全部牛でした!
すごい数!
P8192524
 


2時間ぐらい歩いたらお昼ご飯。
カラコルのスーパーで買ってきたパンを食べます。

トレッキングには糖分がいるからと思ってチョコレートクリームを買ったつもりでしたが、チョコがちょっと入った羊のバターでした。臭みがあるし脂っこいだけで味はイマイチ。。
P8192529

喉が渇いたから川の水を汲もうと思ったけど、ここの水は灰色だったのでやめておきました。
もうちょっと上流に行かないとダメなのかな。
P8192549

そういえばジョージアでも水がグレーの川が多かった気がする。
水自体が汚いわけじゃないし、きっと地面の鉱物が関係してるんだろうな。
 

トレッキングルートには放牧されている牛や馬がたくさん。
挨拶しながら進みます。やあ。
馬はこうやって2頭で前と後ろを見張ってるんだろうな。
P8192538
 


そこから先も、なだらかな気持ちいい道をひたすら歩きます。

実は私たちがトレッキングに行った3日間だけすごく晴れていて、その前後はずっと雨だったそう。

やっぱり私たちは晴れ男・晴れ女!
1年半以上旅してきて肝心な時に雨に降られたことは一度もなかった。
P8192554

さっきのグレーの川からちょっと進んだ辺りの別の川はすごく透明。不思議。
P8192569

川底までよく見えてすごく綺麗です。
P8192571

川の向こうに気配があると思ったら野生の馬の群れ!
20頭ぐらいの群れで、結構深い川の流れをものともせずに渡っていきます。かっこいい。
P8192598
 


チェックポイントから歩き始めて5時間半。
増水した川で道が途切れてしまいました。
もうすぐキャンプサイトに着くはずなんだけど、どうやって進めばいいんだろう?
簡単に渡れそうにも見えるけど、流れが強くて意外と深くて渡れない。
P8192610

困ってうろうろしていると、馬に乗った遊牧民の人が通りがかりました。
急いで駆け寄っていって道を教えてもらいます。
P8192620

”どうやって渡ったらいいの??” ジェスチャーで聞くと、「あっちだよ!」と川上の方を指差して笑顔で答えてくれました。
P8192621

教えてもらった通り川上に行ってみると、丸太が渡してありました。

やったね!無事川を渡り終えました。
P8192626

川を渡った先にあったのは大きな木!!
P8192635

そこから少し歩くと、ついに今日の目的地のキャンプサイトが見えてきました!
P8192638

 

子犬との出会い。

ベースキャンプに到着したのは17時前。
チェックポイントからちょうど6時間のトレッキングでした。

睡眠不足で疲れてたみたいで、思っていたより時間がかかってしまった。
明日は標高4000メートル近い山を越えないとダメだけど大丈夫かな…。

ベースキャンプには男の人が二人働いていて、一泊したいと言うとこんな移動式のテントに案内してくれました。
P8192645

私たちの今日の寝床はここ。
広々していてなかなか快適そうです。
P8192643
 

寝不足だったので30分ぐらいうたた寝をしてから外へ出てみます。

メインのテントにはロバがいました。
P8192689

人によくなついていてちょっと大きい犬みたいです。
P8192696

こっちには犬が二匹。
仲良しの二匹はじゃれあって、元気に走り回っています。
P8192658

この時は「可愛らしい犬がいるなぁ」ぐらいで全然気にかけていませんでしたが、実はこの二匹のうちの小さい方が今回のお話の主人公。

まさかこの犬があんな事になるなんて、この時は思ってもみなかったなぁ。
P8192663
 


 

一通りベースキャンプを歩き回っているとお腹が減ったので、ベースキャンプのスタッフに食べ物はないか聞いてみると、追加料金を払ってごはんを作ってもらうことになりました。

メインのテントの中にはこんなキッチンがあって、年上の方のスタッフが手際よくささっと作ってくれました。
P8192680

出来上がったのはプロフ(中央アジア風ピラフ)とトマトとチャイ。
あったかいチャイに砂糖をたっぷり入れて飲みます。
P8192677

プロフには卵と人参しか入ってなくてすごくシンプルな料理。
なのにすごく美味しくて、体の疲れも癒される。
やっぱりトレッキングの後に山で食べるご飯は最高だなぁ。
こんな山の中なのに温かい食べ物が食べられることが幸せ。
P8192678
 


夜ご飯を食べ終わってテントの外に出てみると、もう太陽が山の陰に隠れて暗くなり始めていました。
P8192670

メインのテントの横にあったトレーラーハウスからモクモクと煙が出ていたので行ってみると、なんと中がサウナになっていました!
P8192701

トレーラーの横から薪をくべるベースキャンプで働く若い方のスタッフ。
P8192709

面白そうだったから、だいごろも薪割りをお手伝い。
意外にもスパスパ割れて楽しそう。
P8192711
 

そのあとは山の合間から夕焼けを見て、自分たちのテントへ。
P8202724

朝方は冷えるかな?と若い方の男性に聞いてみると、暖かそうな寝袋を2つ貸してくれました。
P8192723

遠くで川の音が聞こえるだけの静かな夜。
P8192717

明日のトレッキングで待っている景色にワクワクしながら寝袋にくるまります。

テントの近くにさっきのロバがいるみたいで、近くで草を踏みしめる音。

テントの中は思ったよりも暖かくて、ぐっすり眠れそうだ。

まだ夜の8時前だけど、明日のトレッキングに向けてもう寝ます。

それでは、お休みなさい。

つづく



最後に「今日も読んだよ!」のワンクリックよろしくお願いします!!
↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
「せかぽろ」の順位が上がるとだいごろときっこが喜びますので
1日1クリックの応援よろしくお願いします。
ランキングのサイトが表示されれば完了です。

Facebookで最新の更新情報をお届けしています。
「いいね!」ボタンを押してフォローしてね◎